私は個人会社を自営してましたが昔からお金にルーズで計画性もなければ、管理も全く出来ませんでした。そんな人間ですから自営してからも、お金に困る事は多々ありました。

もちろん貯蓄など出来る訳もなく、それどころか仕舞いには生活費まで苦しくなりましたが35歳くらいの頃、取引銀行から融資の提案をされ困っていたので融資を利用する事にもなりました。

初めての融資なので、そういったお金を借りる事に関しての知識など全くなく、こんな自分がお金を借りても良いのだろうかと気もしながら、恐る恐る銀行の融資受付に向かいました。

当然の事ながら、そこへ行っただけでもう話はついていたらしく、事細かに審査をされる事もなくお金がポンと出てきました。いざ、借りたお金を手にすると、正直こんな簡単にお金が手に入るのかと、あっさり手に入れた感触に酔いしれる様な気もしました。

ですが、自分のルーズさをしっかりと踏まえた上で借り入れするという決心もした為、できるだけ早いうちに完済する為に頑張って仕事をしました。

これを完済した時に、もう二度と軽い気持ちで借り入れやローンは利用しないという気持ちで、会社で必要としていたカードもハサミで切り、すべて現金で支払う日々を送っていました。

ところが1年も経たないうちに親会社の一つが倒産してしまい、すべて現金での支払いをしていた事が裏目に出てしまい、もともと意志の弱い私ですから倒産した親会社の不足分をまた借り入れしてしまったのです。

私のイメージとして残っていたのはあっさりお金が出てくるという事だけだったのです。今度は限度枠いっぱいの300万円もの大金を一気に借り入れてしまったのです。

何に対してお金を使うのかというと、ほとんどは社員の給料と仕事をくれる親会社との飲み代や飲食代で消えてしまいます。

とにかく、お酒を飲むと仕事をくれる、こういった理由からこの費用だけで月に40~50万円前後使う事もありました。ですから、後々返済に苦しんだことは言うまでもありません。

安易に追加融資をしてくれた銀行は不良債権がかさみ、倒産してしまいました。

お金を借りる際は必ず計画性を持ち、必ず完済できる計画を練った上で借り入れする事をオススメします。