銀行に口座を開設する時、もしもの時のためにカードローンを付けられますと言われ、10万円を限度額にして契約しました。

最初はそれを使う機会もなかったのですが、口座に預金がなくても口座の引き落としが自動でできるので、いつの間にか家賃や光熱費の支払いをカードローンで済ませていました。

それはとても便利で助かりましたが、いつしかそれに依存してしまうようになり、しかも当初10万円の限度額が期間が過ぎて行くのと同時にどんどんと増えて行き、最高時には150万円になりました。

失業中に返済が滞らないためにさらに融資を受けて、そこから返済を済ませるようにすると、仕事が決まって収入が得られるようになるまでは永久に借り続けないといけなくなります。

そうして限度額が近づいてくると限度額を増額しますと通知がきて、それはとても助かりましたが、またその限度額に甘えてしまう自分がいて、一時は150万円まで借りる羽目になりました。

最初は何気なくオプションでつけたカードローンだったのに、気付けばどっぷりと浸っていて簡単には返せないほどになり、これはまずいと思って必死で働き、働いたお金はほとんど借金の返済につぎ込んで、友達と遊んだりすることもやめました。

そうしてようやく1年ほどで完済できたのですが、その時期は自分のことを奴隷だと思うようにして必死に耐えました。

そうしないと利息がどんどんと増えて行くことで毎日が恐怖だったのです。完済した時、ようやく心の重荷を下ろせたのを身に沁みました。